アレシャンドレの金融ダイアリー

キャッシングでお金を借りるんルン♪

お金とは人が幸せになるための種である

「お金とは神聖なものである」
というのが、私がお金に対して抱いているイメージです。
なぜそう感じているのかといいますと、人が幸せになるためには、必ずお金の存在が必要だと考えているからです。

よく、幸せはお金で買えるのか?といった議論がされているのを見かけますが、私は買えると思っています。
たとえば何か欲しいものがあるとき、それが安いものであれば誰でも買うことが出来るでしょう。
しかし、欲しいものが家や車など高価なものであった場合、お金をたくさん持っていない人は、その欲しいという思いがどれだけ強くても買うことは出来ません。
非常に単純な例ですが、買うことが出来れば幸せであり、買うことが出来なければ幸せではないと考えれば、簡単に理解することが出来るのではないでしょうか。

火曜日, 12月 29th, 2015 未分類 お金とは人が幸せになるための種である はコメントを受け付けていません。

定額の給料がもらえないことで借金をすることに

私は家族で自営業をしています。父が代表で、私と母は家族従業員です。
自営業なので売上や借金をしていることも把握しています。そのため、その月の売上が少ないときは自ずと給料というものは家族なので我慢しないといけなくなります。なので会社のように月に決まった一定額をもらえることはほぼありません。
しかし、支払わなくてはいけないものは毎月必ずやってきます。携帯料金や保険代など、その金額さえ給料としてもらえないこともあります。
そんなとき、どうしてもお金が必要で一度だけ消費者金融を利用してお金を借りることにしました。銀行で一度カードローンの審査をしてもらったときに審査が通らなかった過去があり、そのとき以降銀行ではお金を借りられない、と思ったからです。
消費者金融で30万ほど借りました。どうしようもなくての最終手段で、すぐに返済できる、そう思っていたのです。
30万は何とかすぐに返済することができましたが、一度30万借りてお金がある生活に慣れると、また借りても返済できるだろう、と思うようになっていきました。もう10万増えて40万でも返済できる、そう何故か自信があり、一度きりにしようと思っていた消費者金融での借金は2回目、40万の借金となりました。
私の金銭感覚は完全に狂っていました。2回目の消費者金融での借金の返済は途中で滞るようになり、家族にも消費者金融での借金がバレることになり、親に一括返済をしてもらうことになり、家族に多大な迷惑を掛けることになってしまいました。
いずれ、父に代わり、私が家業を継ぐことになるので今回のことを教訓にお金は簡単に借りない、そして自分の金銭感覚をもう一度リセットしていこうと強く思いました。

Tags:

木曜日, 12月 10th, 2015 未分類 定額の給料がもらえないことで借金をすることに はコメントを受け付けていません。

貯金なしで、生活のためのキャッシングは仕方ない

以前はカードが大嫌いで絶対現金生活だったのですが、お得なカードに惹かれ、割引やポイント関係でカードを持つようになったら便利すぎて生活の一部になっています。毎月、ポイントや割引のためにすすんでカードを使用しているので使いすぎてしまいます。ショッピングやガソリンの支払いはカードで、使った金額は把握していても、給料が多少左右するので使いすぎた月は給料が計算と違ったりすると現金が足りなくなります。そういう時は支払いのためにお金を借りたり、固定費とカードの返済で給料がすべてなくなり、生活費が足りないので借りたりします。毎月現金ギリギリの生活なので、予想外の出費があると借りることしか他ないので借ります。貯金がないので足りない時に頼るのはキャッシングのみで、誰にも知られずコンビニのATMでお金を下ろす感覚で借りられるのが便利で中々抜け出せません。でもしっかり一括で次の月に返し、繰越はしません。生活が回らない時は、仕方なくお金を借ります。

一度借りてしまうと、手軽さと便利さでまた苦しくなると借りる選択肢が出てしまうので今ではどうにも回らない時は借りています。罪悪感というか、情けなさは多少はありますが、しっかり返済を出来る額であれば上手に利用してもいいと思っています。どうしてもお金が必要な時にだけ利用して生活を回すという考えは甘いかもしれませんが、返せる範囲でしっかり計画を立てて、困った時の最終手段としてお金が必要で現金が手元にないときに借りることがあります。

Tags:

日曜日, 8月 23rd, 2015 未分類 貯金なしで、生活のためのキャッシングは仕方ない はコメントを受け付けていません。

家計に占める住宅ローン返済額には頭を悩まします。

私にとっての主婦特有のお金に関する悩みといえば、住宅ローン返済額が家計を圧迫し、何とか少しでも家計に対する住宅ローンの返済額が少なくならないものかと毎月悩まされることです。

主人が稼いでくる毎月の給料の3分の1程度が、住宅ローンの返済に当てられてしまい、住宅ローンの返済額を除いた残りの金額の中から家計をやりくりしないといけないことが、毎月の悩みの種です。

そのために、食料品は割引がある品を選んだり、ジュースも自動販売機ではかわず、スーパーで同じものを買って家の冷蔵庫で冷やしたものを飲むようにするなど、数十円の節約から徹底して家計の為に無駄を省くようにしています。

住宅ローンの返済がなければ、主婦でも借りれるアコムに手を出すことなく生活にも困らないのですが、多額の住宅ローンの返済のためには、家計をやりくりして、少しでも生活の負担をなくすように考えないといけなくなりました。

手狭になった賃貸物件から広い家にと新居を購入しましたが、住宅ローンを返済し、少しでも早期に自分たち家族の家にするために、新居のローンを返済するための節約生活を送る毎日です。

住宅ローンを抱えている主婦のみなさんは同じ悩みを抱えていると思いますが、理想の新居を購入する喜びと共に、毎月の返済と家計のやりくりという思い十字架を背負ってしまいます。

細かな節約を続けてお金をためて繰り上げ返済をして、住宅ローンをどんどん減らしていくことが、悩みでもあると共に今の私の喜びでもあります。

Tags: ,

月曜日, 6月 22nd, 2015 未分類 家計に占める住宅ローン返済額には頭を悩まします。 はコメントを受け付けていません。

急な出費でお金が必要な時には貯金を崩します

頑張って節約しても、お給料前にはお金が足りなくなる事はしばしば有ります。そう言う時には普段から何か有った時に使おうと思って貯めている貯金を崩します。

でも、その時には少し罪悪感が有ります。本来はそういう目的の為に使う筈ではないので。あくまでも、必要な物を買うとき用に取ってあるのですが。

若い頃に、やはり今と同じで使い過ぎてしまって、給料日まで後1週間と言う時が有りました。その時には貯金はまだしていなかったので。

親に頭を下げて借りました。気持ち的に「申し訳ないな」と思い、口に出して「ごめんなさい、申し訳ない」は何度も言いました。苦い思い出です。

そう言う事が有ったので、何か有った時の為の貯金を始めた次第です。給料日前で無くても、急に友達から飲みに誘われる事も有ります。

月の収支決算をしますと、毎月2万円くらい赤字です。それを補填しているので、貯まる分けないです(苦笑)。貯金はボーナスから貯めています。

少し考えないといけないなと思っています。

金曜日, 7月 4th, 2014 未分類 急な出費でお金が必要な時には貯金を崩します はコメントを受け付けていません。

主婦であることによる、「お金がほしい!」について

主婦はお金がほしいのです。経済では主に夫の収入を消費するわけで、それは当然の権利なのですが、昨今は仕事を持つ女性が増えた為、主婦は一面、自分の収入がないという負い目のようなものが生じている面があります。

主婦がお金に対して不自由と感じるのは、家族とはかかわりのない個人的な遊びの部分でお金を使うときに、逡巡してしまう時です。

本来は、個人的な消費であっても、遊びの部分も必用なわけですから、負い目を感じる必要はないのですが。主婦は収入がないといっても、在宅して家事をするというのは、ただの家事労働ではすまされない重要なことです。

主婦が全員日中に仕事に出たら社会はどうなるでしょう。日中は老人と子供と病気などで動けない人だけになります。主婦と違って会社員は、「いないから」という理由で、日中に何があっても責任を免れています。主婦が会社員の留守番代りにさせられることも時にあります。ですから、主婦はお金に対して不自由と感じないようにあってほしいです。

働いていないぶん、収入は少ないわけで、年金も限られているし、貯金もそれだけできないのです。一部の人を除いてはそうそう贅沢もできないのです。

女性であることでお金に対して得と思うことは、友達付き合いはランチで十分なので、男性同士のつきあいでの酒代・ディナーの費用と比べて格段に安く済むという点です。

Tags: ,

日曜日, 3月 16th, 2014 未分類 主婦であることによる、「お金がほしい!」について はコメントを受け付けていません。

お金を借りるなら、まずは消費者金融、そして親に相談

10万円のお金が必要になりお金を借りる時、それは不慮の事故かもしれず、病気かもしれません。また意外にも財布をなくしてお金がないということかもしれません。そうした場合とりあえずその場をしのぐために、どのようにしてお金を調達するかが問題になります。状況によると思いますが、まずは冷静になって、紙にその調達方法を書いてみます。

おそらく書くことは消費者金融からお金を借りる事、友人、親のどれかになると思います。この3つを書き出し、どれが一番最善の方法かを検討します。消費者金融は怖いイメージもなくはありませんが、初めての利用であれば30日間無利息で借りられるところがあります。これを利用すれば誰にも負担をかけずにそっと借りてそっと後日返すことができますので、便利です。ですからこの方法をトライしてみます。

審査がありますので、もし落ちるようなことがあれば、次の手段として親に相談することになると思います。なんだかんだとやはり頼りになるのは親であり、助けてくれるものです。

月曜日, 2月 10th, 2014 未分類 お金を借りるなら、まずは消費者金融、そして親に相談 はコメントを受け付けていません。

コンビニは便利で、商品が確かです。

私の会社の同僚はほとんどの人はコンビニ弁当やおでんやおむすびを、通勤前に買ってきて食べています。
最近はコンビニの店員さんが昼に配達もしてくれるので便利です。

私はだいたいは毎朝、自分で夕食の残りなどを利用して弁当をつくっていくのですが。おかずが上手にできなかったり、品数が少ない時に、コンビニに寄って、もう一品おかずを買ったり、甘いおやつを追加したりします。朝寝坊した時はコンビニ弁当かパンを買っていきます。

それと、急にお金を借りる必要がある時は、コンビニのATMを使いますが手数料が高いと思うけど、銀行へいくのがしんどくて仕方なく利用しています。

お金を借りる即日・・・カードローンなら即日でお金を借りることも可能!みなさんご存じの消費者金融アコムですね。といっても、三菱UFJフィナンシャルグループなので安心してお金を借りることができますね。

また、コンビニがマンションの隣にあるので、友達が急に来た時などに飲み物やケーキなどのお菓子類を買いに行っています。
遊びに来た友達も、下のコンビニでお土産を買ってきてくれることもあります。

スーパーマーケットと同じくらい品数があり珍しものもありますし、商品が新しいので安心して買えるので利用頻度はスーパーより多いです。

Tags:

土曜日, 2月 1st, 2014 未分類 コンビニは便利で、商品が確かです。 はコメントを受け付けていません。